セカンドビジネスに関心がある方向けの情報サイト

不動産業とセカンドビジネスの相性

不動産業を安定した副業にするために

不動産業をセカンドビジネスとするのであれば、不労所得を求めてという方が大多数でしょうが、不動産業での賃貸経営は借り手がいないと一切収入が見込めないことから、賃貸経営に対する最低限の知識なくして取り組めないため、賃貸経営に必要な知識を学ばなければなりませんし、不労所得として求める金額に応じて賃貸経営規模を広げることまで考えると、宅地建物取引業の免許の取得も視野に入れる必要があります。

本業さながらに学習努力を求められるなら、もはや不労所得ではないと思われるかも知れませんし、セカンドビジネスと本業が逆転していると思われるかも知れませんが、不動産業は投資やFXに比べるとリスクが低いといえども、投資が重要なファクターを占めることからどうしてもリスクを伴うため、安定したセカンドビジネスにするためにはそれなりの努力を要するのです。

セカンドビジネスにおいて不動産業は鬼門?

セカンドビジネスはあくまで副業であり、本業に支障をきたしてしまっては本末転倒であることから、最小の労力で少額の不労所得ないし就労所得を得ることが基本となるため、セカンドビジネスを禁じる会社においても例外となることの多い投資は、人気を博しており、近年は賃貸経営目的での不動産取得のために不動産への投資が活発化しているのです。

ただ、不動産業は賃貸経営だけにとどまらず、業種として知識とコネクションが必要となるため、一朝一夕に上手くいくことはあり得ないことから、流行に乗って賃貸経営を行っても失敗する可能性が高く、真っ先に挙げられるセカンドビジネスでありながらも、相応の知識と準備が求められることから安易に手を出すのはハイリスクと言わざるを得ません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る