セカンドビジネスに関心がある方向けの情報サイト

リターンの大きさが魅力的な不動産取得のセカンドビジネス化

セカンドビジネスは要するに副業

セカンドビジネスとは文字通りに本業以外の仕事を指す言葉で、サイドビジネスあるいはサブビジネスなどとも呼ばれたりもしますが、呼び方が違うだけであり、結局のところ副業に他なりません。

具体例としては駐車場やアパートの賃貸経営のような不動産業、株やFX取引を行うデイトレーダーといったセカンドビジネスが有名どころで、本業が正社員か否かによってはアルバイトをセカンドビジネスにするような場合もありますし、内職や一部の在宅ワークなどもセカンドビジネスとみなして良いでしょう。

つまるところ、セカンドビジネスは副業と同義であり、サイドビジネスやサブビジネスも含めて、名称以外に相違はないので、自分の使いやすい語を選んで下さい。

どんなセカンドビジネスがオーソドックスか

基本的にセカンドビジネスは本業と並行して行いつつ、本業に支障をきたさない範囲で収入を得ることを目的としており、初期投資や維持費以外は不労で所得を得られるタイプのものが好まれる傾向にあるため、賃貸経営や不動産投資といった直接的な労働に求められる時間がさほど多くない労働形態が求められることになるので、不動産業は不労所得としてのセカンドビジネスのスタンダートと言えます。

また、本業に不満や不安を抱えている場合に本格的な転職を試みる準備段階として、セカンドビジネスを行うことも考えられ、土日のみ営業のカフェを経営したり、土日にカフェを営業する前にカフェでアルバイトをしたりといった、転職の準備としてのセカンドビジネスに加え、残業制限に伴う収入減を補うための在宅ワークもセカンドビジネスの一種でしょうが、今のところは、不労所得を得る形態のセカンドビジネスの方がオーソドックスでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る